やめよう。何もかも

お酒大好き!!労働はきらいです

びっくりするじゃんよ~ むちむちでさ

急に寒くなるじゃん、びっくりした。10月に入って急にだもんなぁ~いよいよ秋がきたってかんじで嬉しい(寒いので別に嬉しくはない)
南国出身なのでやっぱり嬉しいかも。寒いのは。こう、寒くなってくるとすこしワクワクしてしまう。今年も雪降んのかな?とか、おなかの奥がふわふわするかんじ。寒さにこらえてるときとか。たのしい
いや、別に楽しくも無いかも。やっぱり寒いの辛いし

アサルトリリィをみた。かなりよかった

放送してたとき、まあ話題にはなってたなぁくらいだったけど、ここまで面白いとは思わなかった。めちゃめちゃムチムチしてる。いいと思う、むちむち。元が可動フィギュアだかドールだかのメディアミックス企画なのに、いいのかそんなにムチムチしていて。まあいいか。
1話目からぶっ飛ばしてる。めちゃめちゃ動くじゃん。大体こういうのって2話あたりで力が尽きるけど、その後もめちゃめちゃ動く。全部動くわけじゃないけど、力いれるところと抜くところがめちゃめちゃいい。ウオッここが見どころか!!みたいなかんじで気持ちい。制作はどうやらシャフトらしい。うわ~~ッ!!つよい名前だ。

話も面白かった。学園に襲来する巨大な化け物を、少女たちが処理していく。なんだかエヴァっぽさもあるし宝石の国っぽさもある。4話のラムネ回がめちゃめちゃよかった。ようやく心を開き始めたお姉さまポジのゆゆが、りりの誕生日プレゼントのために遠く離れた甲州市まで彼女の好きなラムネを買いに行く。3話でりりがゆゆの暴走を収めて心近づきすぎでは!?!?っておもったけど、百合アニメはこれぐらいがいい。これぐらいでいいよ。この回で初めてこの世界がどういう状況になっているのかが分かる。学園の最寄り駅では軍人が警備をしていて、電車にはほとんど人が乗っておらず、遠く離れた町には通りを歩くひとすらいない(これは田舎だからかも。甲州市のことはあまりしらないので悪く聞こえてたら申し訳ないけど)。ここでオッこれはただの百合アニメじゃないな!?って思った。SFというか、衰退した人類を感じた。まあ実際はめちゃめちゃ百合アニメだったんですけど。最終的にラムネは、買えはするけど途中で子供にあげちゃう感じで、ゆゆは結局しょんぼりしたまま学園へと戻るわけだけど、この回はとてもよさを感じた。こう初めてのおつかいというか、小学生の夏休みにちょっと遠出してみた、みたいな。あの、あれを。

この他にも、ゆりの回とか、最終話後半のトップをねらえっぽいやつとか、あと毎話タイトルが花の名前でラストでブーケになるやつとか(サブタイトルだし)めっちゃ面白かったです。とても良いアニメに出会えた。むちむちしてるし。いいよ、よかったよ
僕の好きな子は楓・J・ノーベルちゃんです、対戦よろしく。あのウザいお嬢様感だったり、りりに対して一途なのがいいよね。

なんでってそりゃあ、全てを後回しにして今を楽しみたいからさ

定期が切れた。定期ってなんで切れるんだろう。切れないでほしい。

定期って高いからいやなんだよな。もう少し安くならないかな 多分定期が高いんじゃなくてそれだけ電車を乗り回してるってことなんだよな、電車ジャンキー。いつも助かってます。ありがとうね。
しかしさっさと更新しなくちゃならない、今月分の定期を。実は一週間くらい前から切れてる。いつも乗る前に「あっ、定期更新しなきゃ……」ってなるけど、毎回「次でいっか……」と思って結局忘れる。よくないよなぁとは思ってる。
やっぱり高額出費がきついんだよな、どうしても。毎回3~400円くらいなのと比べると、やだな~やだな~って思ってしまう。かといってこのままずるずる続けば無駄なお金を支払う羽目になるし。う~ん
あした! あした覚えていれば更新しに行こう。覚えていれば……

終わりよければ全てがええやんええやん

本格的に脳みそが働かなくなってきた。頑張ってほしい、お願いだから。

やったと思いこんでいた作業を全くやっていなかった。どこから生成した記憶だったんだろう。
「まだやってない」ならまだいい。「もうやった」が一番いいのはもちろんだけど。「やった気がする」でやっていないのが一番まずい。リカバリーができんじゃろがいい。
リカバリー出来るのが僕のいいところなので、リカバリーが出来るように常に行動をしてほしい。でもまあ、気づけただけよしとするか。リカバリリカバリ

TGSの写真をようやく触り始めた。もう3週間近く経つ、ようやくだ。まだ使えそうな写真厳選してるだけだけど。
ああいうイベントでカメラを使うのは初めてだったのでかなり大変だった。びっくりするほど暗い。くらいな~って思いながら撮ってはいたけど、現地で確認してるとき以上に暗い写真ばかりで驚く。久々のイベントで浮かれてちゃんと確認してなかったんだろうな。ノイズも高いし、うわ~ってかんじだ。ただ撮れてる写真は一応撮れてるので偉い。ちゃんといじればまだ見れそう。リカバリーだ
機材をちゃんと揃えて、経験もこなして、これにめげずにまた頑張ってほしい。

終わりよければ全てがええやんええやん

本格的に脳みそが働かなくなってきた。頑張ってほしい、お願いだから。

やったと思いこんでいた作業を全くやっていなかった。どこから生成した記憶だったんだろう。
「まだやってない」ならまだいい。「もうやった」が一番いいのはもちろんだけど。「やった気がする」でやっていないのが一番まずい。リカバリーができんじゃろがいい。
リカバリー出来るのが僕のいいところなので、リカバリーが出来るように常に行動をしてほしい。でもまあ、気づけただけよしとするか。リカバリリカバリ

TGSの写真をようやく触り始めた。もう3週間近く経つ、ようやくだ。まだ使えそうな写真厳選してるだけだけど。
ああいうイベントでカメラを使うのは初めてだったのでかなり大変だった。びっくりするほど暗い。くらいな~って思いながら撮ってはいたけど、現地で確認してるとき以上に暗い写真ばかりで驚く。久々のイベントで浮かれてちゃんと確認してなかったんだろうな。ノイズも高いし、うわ~ってかんじだ。ただ撮れてる写真は一応撮れてるので偉い。ちゃんといじればまだ見れそう。リカバリーだ
機材をちゃんと揃えて、経験もこなして、これにめげずにまた頑張ってほしい。

あとよくこぼしがち

ほしいときはほしいけどいらないときは別に要らないんだよね

コーヒーは好きだが、別にこだわりがあるわけではない。できればあまり苦くないほうがいいなとは思う。カフェオレのほうが好き。作業のときはたまに飲む。ガチ作業のときはガチ飲みする。ガチ飲みした結果めちゃめちゃ気分が悪くなった。そういえばコーヒーってカフェインが入ってるんだ。どうやらカフェインは体に悪いらしい。作業を終わらせた後、もう必要ないのに体にカフェインが残ってしまった。尿が大量に出るし、眠気も来ないし、ちょっとキモチワルイ。結局この日は、朝まで目が冴えて結局眠ることが出来なかった。

マイブロークンマリコをみた。よかった

原作付きの実写化はどうしても原作と比べてしまう。実写化が嫌われるのは多分それが理由ひとつでもあるんだろうけど、その点マイブロークンマリコはよかった。ほぼ原作通りに進むし追加のシーンも話を軽く補強する程度。漫画版のふわっとしているところを、映像で具体的に描かれているなと感じた。具体的にというか生々しいというか。シイノの職場の話はそれが特徴的に出ていると感じた。シイノの存在感が補強されているような気がした。ああいうブラック企業がリアルなのかはちょっと分かんないけど、まあありそう。あとマリコの住んでいた部屋に行くシーン。漫画版では特に説明されずに「あの親父が葬儀なんてやるわけないか……」みたいな描写だけで済ませてるのが、しっかりと「直葬されたそうだよ」と言及されていた。映画ではこのシーンが間に挟まって奪いに行くまで日が経っているように思えた。漫画ではマリコが死んだのを知った次の日には骨を奪いに行くような印象があり、どういう流れで焼いたのかを頭で補完していた(先程のセリフと同様に検視のあとすぐ焼いたのだろうな、と)。実写になるとどうしても描かないといけない部分が出るんだろうなと思った。

前半の盛り上がりである骨を奪うシーンは、個人的には一番の盛り上がりのシーンだろうと思っていたけど、実際そこまででも無かった。いや、かなり印象的なシーンではあるけど、ちょっと期待しすぎた。一方でラストの崖のシーンがとても盛り上がった。前のシーンであの名も無い女子高生に焦点が当てられていた分、おお……って感じだった。あのシーン良かったので全部いい。終わりよければすべてよし!!ってこと

永野芽郁の演技は別にきらいじゃないけど、永野芽郁はあの独特な喋り方がどうしても気になってしまう(それがあの人の魅力なんだろうとは思うが)。シイノはマリコと対比して、可愛い女の子のイメージがない。シイノの性格的にもっとハキハキと、少し周りに威圧のあるような喋り方だと思う(上司にどやされたときの永野芽郁はそれに近かった気がする)。幼少期のシイノを演じた子役は、そのイメージにとても合っていた。他人に威圧する感じ。あの喋り方で中学まで育って、永野芽郁には恐らく成長しないだろう。きっと
でも永野芽郁のビジュアルはとても良かった。ボサボサの髪でトレンチコートが似合う人だとは思わなかった。特に港で歯磨きをするシーン。窪田正孝と並んだ後ろ姿はとてもかっこよかった。 マイブロークンマリコは7~8割がモノローグと回想で出来ているので、その中だとどうしても喋り方は気になってしまう。別に永野芽郁の喋り方が悪いわけじゃないんだけど、ちょっとかわいすぎる。これは仕方ない。

でも全体的によかった。機会があればまた観たい

まあいっか(いい、ということにしておく)

昨日風呂に入ったとき頭を洗ったかどうか分からなくなった。でも髪が濡れていたので洗ったのだろう、と思っていた。今朝起きたら髪の毛がぐしゅぐしゅ(こう表現するしかない)になっており、おや?と思った。排水口のくず受けを確認すると髪の毛が全く溜まってなかったので、やはり頭を洗えていなかったらしい。

年1くらいである。今日はたまたま外に出る用事がなかったのでよかったが、朝の時間がないときなんかだともう大騒ぎだ。これが起きる度にもう少し気をつけようと思うが、まあ治らないので半ばあきらめている。しゃ~なし。気づいたときにまた入り直せばいい。失敗しないことよりも、失敗をいかにカバーするかが大事なのだ。
それに常に気張って風呂に入るなんて、そんなことが出来る人間がこの世に存在するんだろうか。お風呂に入れば誰でもリラックスするだろう。俺もする。ここで風呂場にライオンなんかが入ってきたら一瞬でやられると思う。武井壮ですらきっと太刀打ちできないだろう。いや武井壮ならシャワーヘッドでライオンの鼻を殴って迎え撃ちそうだ。

リラックスだけではない。風呂場では考え事だってする。体を洗ってリラックスして、考え事もする。意外と忙しい。もしかしたら風呂に入ってるだけで偉いのかもしれない。それならちょっと頭を洗い忘れるぐらいまぁ……あるか?あ~……

やりたい作業とやりたくない作業がある。あるんだよ

とりあえず手は動かしておいた方がいいらしい。

最近体が全然動かない。ヤバいと思う、脳みそが働いていない。こういうときでもとりあえずやれそうなことはやっておいたほうがいいらしい。何かガッツリはできないのでとりあえず出来そうなこと、事務作業とかやりたくない作業をとりあえずやっておいてほしい。未来の僕に言っています。どうぞよろしく

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』をみた。おもしろかった。

6月から9月にかけて、『明日ちゃんのセーラー服』や『古見さんはコミュ症です』などの話題になっていた青春アニメを見て、経験できなかった甘酸っぱい青春を取り戻そうとしている。ここ数年アニメを見ていなかった(心情的に少し見られなかった)ので、久々に観ている面白いアニメが多いなと感じる。このアニメも、どうやら面白いらしい。と、いい機会なので見てみた。青春ってついてるし、俺が求めているものかもしれない。

一切の前情報なしで視聴したので、1・2話で青春SFモノと知って驚いた。バニーガールのえっちな先輩からえっちなことされるのかと思ってたけど、実際はバニー服は序盤の序盤でしか登場しない。原作がラノベらしいので、オムニバス的にアニメ版3話あたりまでが最初のシリーズで~って感じなのだろう。
主人公の喋り方がなんだか鼻につく、オタクが好きそうな淡々と正論を述べる俺かっこいい!!みたいなキャラクター。背中がムズムズする~~。物語が進んでくると少しづつその感じが抜けてきて、気にならなくなった。このあたりから明らかになる主人公と妹の件から、ああそういうキャラクターなのかと納得した。それでもムズムズはする。

タイムリープパラドックスなど、なんだかそれっぽいSFだった。SFとして観るとうん?みたいな印象だけど、話は面白かった。中でも妹の話が一番すき。記憶を取り戻したときの主人公の戸惑いや、ED後に少し語られるそれからの話なんっかがよかった。関係ないけどこういうその後の話をみると、いつも魔法つかいプリキュア!を思い出す。私の一番好きなプリキュアです。
そういえばあの翔子さんの話解決されなかったなぁ二期があるんか?と思って調べたら劇場版があった。こちらは実質最終回みたいな話で面白かった。作画がアニメの延長みたいな感じだったのでもう少しお金を分けてあげてほしい。よろしくお願いします。